大麦 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - 専門ドクターのアンチエイジングアドバイス

コラム編 <秋>

『寒がり』対策は今からが大切

近年、「寒がり」人口が急増しているようです。しかも、一般的には女性の専売特許的な存在である寒がりや冷え性ですが、寒さや冷えに悩まされる男性や子供までも増えているというのですから、びっくりしてしまいます。
皆さんは、如何でしょうか?

 通常、「冷え性」と言うのは、体温を一定に保つ「体温調節機構」が狂ってしまったか、もしくは、本当に体温を維持する為のエネルギー生産が出来なくなった時に、実際の暑さや寒さには関係なく、異常に冷えを感じてしまう状態のことを指します。

 人間の体は、体温を一定に保つように恒常性(ホメオスターシス)と言う働きが備わっていますから、健康な状態であれば、36〜37度前後で変わることはありません。

 体温が高くなったり、暑い場所に居れば、体は体温を下げるように働きます。逆に体温が低くなったり、寒い場所に居れば、体は体温を上げるように働くのです。この機能があることで、私達は一年中、どこへ行っても同じぐらいの体温で生活することが出来る訳です。

 その中でも、特に体温が上げる働きが十分に出来ない人は、これからの季節「寒がり」になり易くなってしまいます。
 ここで、分かり易いように、「体温調節機構」が実際にどう働くのか例を挙げてみましょう。

1、 薄着で外に出てしまったAさん。Aさんの皮膚の表面にある温度センサーは「寒い!!」と感じます。すると、その「寒い!!」と言う情報は脳に送られます。
2、 脳に届いた「寒い!!」情報は脳内の視床下部と言う場所が受信をします。この視床下部は、司令塔的な存在であり、「寒いから、体温を上げよ」と体の各器官に指令を出します。
3、 指令を受け取った各器官は、まずは体温を維持するように働き出します。そして、体を温めるために熱生産を上げるように稼働し始めます。

 1→2→3の過程のどこかに一つでも、何らかの問題があれば、体温調整に支障が出る訳です。その中には、例えば視床下部や甲状腺などの体温調整の指令を出す部分の器質的な病気が原因と言うこともあります。この場合は、その病気自体を治さなくては、状態も改善することはありません。

『寒がり』対策は今からが大切!! しかし、自分自身のライフスタイルや食生活が「冷え性」や「寒がり」の原因になっていることが多いものです。そう言う方は、毎日の生活を見直すことで、寒がり体質から脱することができます。

 ただ、体質改善と言うものは、1日や2日で行えるものではありません。本格的に寒くなって来てから慌ててライフスタイルの改善をしても、間に合いません。
 寒くなる前に、冷え症や寒がり対策をしておくことが、大切なのです。

 

肌の潤いを保つ3大要素

 肌を潤している要素は色々ありますが、次の3つが、肌の潤いを大きく左右します。

☆天然保湿因子(NMF)☆
主にアミノ酸や尿素などで構成されている、肌が自身が持っている天然の保湿成分。

☆角質細胞間脂質☆
角質細胞同士の間を埋める、保水成分のこと。セラミドを主体としたコレステロール、脂肪酸などの脂質分子と水分子が層状に並び、皮膚の細胞同士の間を埋めて、肌の保水を行っている。

☆皮脂☆
汗などの水分と皮脂が、アミノ酸などで乳化され弱酸性の皮脂膜を作り、皮膚が乾燥しないように肌を覆ってフタをしている。これが「天然のクリーム」と言われている。

「お肌の曲がり角は、二十歳(はたち)から…」と言うように、女性は20歳を過ぎた頃から、女性ホルモンの影響で皮膚の皮脂腺の分泌量が大幅に減少しはじめ、この天然の保湿成分が作られ難くなり、皮膚が乾燥し易くなっていきます。

また、肌にハリや弾力をもたらすコラーゲンやエラスチンと言った肌成分も、皮膚の乾燥や代謝の低下で産生が減少してしまいます。これが、皮膚の老化の原因となる、たるみやシワを助長させる原因にもなる訳です。

肌の潤いを保つ3大要素 規則正しい生活や肌の若さを保つ食習慣を心掛けるのは、勿論、大切です。しかし、年齢や自分の肌の状況をみながら、スキンケアにひと手間かけることも、若さを保つ重要なポイントになります。

 例えば、「アミノ酸」や「β−グルカン」などは、口から摂っても、肌の上から補給しても、肌に潤いを与える成分として期待が持てます。
 自分の肌に足りないものを、必要に応じて補ってあげる。こんな肌への毎日のケアが、いつまでも若々しい肌を保つコツになるのです。

 

20歳を過ぎると、潤いを失い始める肌

 残念ながら、20歳を境に、女性の肌は乾燥し易くなる性質があります。これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因。その他にも、社会に出ることで、仕事や人間関係などなど、生活が不規則になりがちになったり、色々なストレスが増えて行くことも、原因の一つになりかねません。

 では、肌が乾燥すると、どんなことが起こるのでしょうか?乾燥にさらされた肌は、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間が生じていきます。この隙間を通して、更に表皮中の水分が蒸発してゆくのです。
その結果、ドライスキンに止まらず、水分を失った表皮はさらに薄く硬くなり、ゴワゴワ肌や小じわやちりめんジワをつくってしまうことになります。

20歳を過ぎると、潤いを失い始める肌 また、乾燥した肌は、皮膚の持つバリア機能も低下し、外部からの刺激やアレルゲン・細菌などに打ち勝つ力も弱くなっているものです。
 「肌がデリケートで、自分の肌に合う化粧品が少ない」とか「ちょっとしたことで、直ぐに肌荒れを起こしてしまう」などと言う方は、乾燥肌が原因にあることもあります。

 自分では大丈夫だと思っていても、「隠れドライスキン」の女性が多いものです。
 自分の肌にしっかりと「うるおい」があるかどうか、まずは、確かめて見て下さい。

 

「赤ら顔」、どうしたら改善するの?

前回、お話したように赤ら顔の原因は、様々です。生まれつきのものや何かの疾患が原因で赤ら顔になっている場合は、原因そのものを治さなくては、赤ら顔は改善しません。しかし、間違ったスキンケアや肌質、生活習慣などが問題で赤っぽい肌になってしまっている場合は、日頃の心掛けで改善する可能性が高くなります。
  特に、次にあげる事項に思い当たる場合は、この先の「赤ら顔」予防のためにも、また、「赤ら顔」改善のためにも、是非、注意して日頃のスキンケアを心がけてみて下さい。

<赤ら顔に注意が必要な肌質・体質>
◆ 敏感肌
◆ 乾燥肌(ダメージ肌)
◆ アトピー体質
◆ 不規則な生活習慣やバランスの悪い食習慣など

この様な肌は、皮膚が薄くなっていたり、ダメージ肌が進み、外部環境に対して過敏症になっていることが多いのです。
例えば、外部の気温変化が通常の人より伝わり易く、ちょっとした温度差が赤ら顔を誘発したり、弱い刺激でも肌が炎症を起こし、赤っぽい肌色になってしまいます。
また、不規則な生活や偏った食習慣が、血行を悪くして、顔表面に血液の鬱滞(血液の流れが悪くなり、滞ってしまう状態)を引き起こしてしまうことがあります。これが、赤ら顔の原因になることもあります。

この様な肌に大切なのは、肌の乾燥を防ぐこと。そして、弱った肌のバリア機能を取り戻してあげることです。

◎自分の肌質にあった刺激の弱い洗顔料で優しい洗顔を!!
  (前回の「洗顔」を参考にして下さい)

◎自分の肌質にあった保湿剤でたっぷり保湿を!!
 乾燥は赤ら顔の大敵です。乾燥肌はバリア機能も落ちていますから、外部の刺激にも弱くなっています。『洗顔後の十分な保湿』が鍵になります。
 自分の肌に合った保湿剤を使うのは大前提ですが、保湿効果がある成分が含まれているものを選んでも良いでしょう。
 また、油分が多いオイル・タイプのものは、一見、保湿効果が高いように感じますが、油分が多いほど、皮膚への浸透性は低くなるものもあります。
 保湿は、ローション・タイプ(化粧水など)→乳液タイプ(美容液など)→オイル・タイプ の順で行うと効果的です。量などは、自分のその日の肌の状態に合わせて、決めると良いはずです。

◎肌のための栄養バランスを考えた食生活
【トピックス】「赤ら顔」、どうしたら改善するの? 肌の機能を取り戻し、血流を改善したり血管強化のために、バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。
 毎日の食事から見直すことが一番ですが、どうしても食事だけではバランスが取れないと言う場合は、サプリメントなどを補助的に使うのも良いでしょう。
 また、栄養バランスの取れた食生活は、若さを保つためにもストレス対策にも効果的です。

 この様に、毎日のちょっとした気遣いが、赤ら顔対策の強い味方になります。

 

前のページへ戻る