大麦 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - 専門ドクターのアンチエイジングアドバイス

コラム編 <夏>

基本的な洗顔の流れ

 洗顔の手順は、人それぞれ。その日の自分の肌にあった洗顔をすることが大切でした。でも、基本的な手順はあります。これを基本に、皆さんも『自分の洗顔レシピ』を作ってみて下さい。

< 洗顔の手順 >

STEP1 化粧落とし
 お化粧をしている時は、まず、化粧落としからです。

1、ポイントメイクをまず落とす
 アイメイクなどは、油分や色素剤など多く含んでおり、普通の化粧よりも落ちにくいもの。コットンやめん棒などを使って、先に部分的に取ってしまいます。もちろん、こすり過ぎないように、クレンジング剤を良く馴染ませながら行うことがポイントです。

2、顔全体のメイク落とし
 次に顔全体のメイクを落とします。クレンジング剤は、化粧品を落とすだけに、肌には強い成分も含まれています。ですから、時間をかけることはおススメしません。「手早く、しっかり?」が大切です。 この時、気持ち量を多めに取り、手の上で温めてから、肌に伸ばすとスムーズなメイク落としの助けになったりします。

3、クレンジング剤を洗い流します
 ぬるま湯で優しく洗い流します。回数をかけて洗い流すのが、肌の負担を減らすコツです。

STEP2 洗顔

基本的な洗顔の流れ1、まずはぬるま湯で手を洗い、顔を濡らしておく
 洗顔の準備として、清潔な手で、そして顔の肌を湿らせてから始めると良いでしょう。温めたタオルなどで肌を蒸らすのもおススメです。

2、洗顔料を十分に泡立て、皮脂や汗などの分泌量が多い部分から洗っていく
 十分に泡立て、肌を包み込むように洗顔をしてきます。自分の肌の特徴を踏まえて、汚れや皮脂が多い分から、優しく円を描くように洗うのがコツです。濃密な泡を作るのに、泡立て専用のスポンジなどを使っても良いでしょう。

3、洗顔料を洗い流す
 ぬるま湯で、回数を惜しまず、優しく洗い流します。

洗顔で忘れないで欲しいことは「優しく、擦らないこと」です。顔の皮膚は、他の部分よりもダメージを受け易いもの。毎日する洗顔ですから、思いやりを忘れずに洗顔をして下さい。

 

貴女の肌にあった洗顔を

 肌の清潔の為に『洗顔』をお薦めしましたが、では、「正しい洗顔方法」はあるのでしょうか?
答えは Yes!!。でも、これが絶対に正しい洗顔方法だということでは無く、一人一人にあった「自分の洗顔方法」を見つけることが大切です。もっと言うならば、毎日の肌の状態を考えて、顔を洗ってあげることが一番。
と言うことで、洗顔で注意したいポイントをまずは押さえてしまいましょう。

* 『コスル』のは肌にはNG!!

肌を綺麗にしたいと言う一心で、顔をゴシゴシと洗い、化粧水や美容液などをしっかり肌に浸透させて・・・。そして、最後はお化粧で念入りに仕上げる。女性の肌は「擦る」と言う作業が意外に多いものです。
しかし、「擦る」ことは肌にとっては刺激の一つ。限度を越えると、肌ダメージを起こしてしまう一つの原因になります。
肌を美しくする為の行為が、シワやゴワゴワ肌などの肌荒れや肌老化につながってしまうのです。
洗顔は毎日、行うもの。ですから、生まれたての赤ちゃんを洗ってあげるつもりで、自分の肌を洗うことが大切なのです。

* 洗顔料は自分の肌にピッタリ合うものを!!

貴女の肌にあった洗顔を!! クレンジング剤や洗顔料には、そのもの自身に肌の汚れや余分な皮脂、いらなくなった角質などを浮き上がらせて、落とし易くさせる働きがあります。
 皆さんの中には、効果の強い洗顔料でゴシゴシ洗うことが、最も汚れを落とすだろうと思っている方がいらっしゃるようですが、大きな間違い。
洗顔料を、濃密に十分に泡立てることで、その泡が肌の不必要なものを包み込んで、落とし易くしてくれます。
ですから、自分の肌質に合った洗顔料で優しい洗顔をするのが一番。もし、お化粧をしっかりする方ならば、クレンジング剤も併用することも忘れないで下さい。化粧品に含まれる成分は、洗顔料だけでは落ちにくいからです。
(クレンジング剤は肌に残したままだと、肌を痛めてしまいます。クレンジング後の洗顔も欠かさずにしましょう。)

 

肌の清潔が酸化を防ぐ第一歩 (1)

 皮膚が酸化してサビついて行くことが、肌の老化につながってしまうのでしたよね。では、この酸化を防ぐためには何をしたら良いのでしょうか。
 何度も繰り返すようですが、体のケアは外からも内からも行うことが大切でした。肌の酸化を防ぐためにも同様に、

☆ 抗酸化を発揮する栄養素を摂ること
☆ 抗酸化のためのスキンケアをすること

と、外から内からのアプローチが必須となります。
ここでは、酸化を防ぐためのスキンケアのポイントをお話していきたいと思います。

皆さんの中には「スキンケア」と言うと、特別なケア剤が必要だったり、何だか面倒で大変なようなイメージを持たれる方が多いようですが、肌の酸化を防ぐ大切な要素に『洗顔』があります。そう。あの日頃の洗顔が重要な抗酸化につながるのです。

〜 肌の清潔が酸化を防ぐ第一歩 (1) 〜では、簡単に皮膚のメカニズムと一緒に、洗顔と抗酸化の関係を説明して行きましょう。
 肌の表面には、皮脂腺から分泌された脂質や表皮の細胞中に存在する脂質などが存在しています。この皮膚表面に存在する脂質分と水分によって肌の表面全体に脂質膜が形成されて、肌自身を守るだけでなく、身体の表面でバリア機能を発揮する丈夫な皮膚をつくっています。
 また、私達の肌は、常に新しい皮膚細胞がつくられ、生まれ変わると言う新旧交代作業が日夜行われています。肌の奥でつくられた皮膚細胞は、徐々に肌表面に押し上げられて、角化し最終的に表皮より垢になって剥落する流れを繰り返しているのです。
通常はこの「脂質分」や「古くなった皮膚細胞」は洗顔、入浴などの際に洗い流されてしまいます。しかし、洗顔を怠ると、この脂質や垢は、肌の上に残されたままになります。これらが、肌の上で酸化されて、肌細胞を痛めつけて行くのです。
置きっぱなしの天ぷら油や古くなった揚げ物を思い出して下さい。これと同じことが、肌の上でも起きているのです。

 

肌の清潔が酸化を防ぐ第一歩 (2)

 前回、肌の上に残された不必要な脂質分や肌細胞が酸化の原因になること、「皮膚の汚れが肌の老化の第一歩」だと話しました。
これを、もう少し詳しくお話しましょう。

汚れの一つとなる皮表脂質中には不飽和脂肪酸が存在し、紫外線と空気中の酸素によって酸化され、「過酸化脂質」というものが形成されていきます。過酸化脂質は蛋白質と親和性が強く角層のケラチンと結合して、ケラチンを変性させて硬くも脆くもしてしまいます。このため、肌表面の細胞の剥落が一様でなくなり、皮膚の表面が粗雑となり、キメの喪失や滑らかの低下を招いてしまうのです。(これが、ゴワゴワした化粧のりの悪い肌の原因の一つでもあります)

〜 肌の清潔が酸化を防ぐ第一歩 (2) 〜また、皮脂膜中に剥落した角層細胞、汗、空気中の埃などが混ざり合うと、刺激性の強い垢が形成されます。そこへ分泌された汗が放置されれば皮膚表皮のpHが上昇し、細菌や真菌などが繁殖し易い格好の場ともなります。ここまでお話したら、肌の上に、いらなくなった脂質や垢がそのまま放置されている状態が、どんなに恐ろしいことだか分かって頂けたのではないでしょうか。

更に、最近は、化粧品類や整髪料の使用量の増加、これらの長時間塗布に加え、大気の汚れや紫外線量の増加が相乗し合い、皮膚に対して刺激性の強い汚れを必要以上に作り出している環境にあると言ってもよいでしょう。

ですから、このような酸化物質の根源となるものを、肌から排除する「洗顔」が重要になってくるのです。

 

前のページへ戻る