大麦 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - 専門ドクターのアンチエイジングアドバイス

コラム編 <冬>

今なら間に合う、“花粉症” 対策 (1)

 一年経つのは早いもので、今年も花粉症の季節がやって来ました。今や、花粉症状を持つ人は日本の人口の約30%に上るとも言われています。つまり、10人のうち3人近くの人は花粉症に悩まされているということです。

 花粉症の症状を挙げると、「目がかゆい」「鼻水が止まらない」「鼻炎症状で頭がボーっとする」…。人によって症状は様々ですが、好いことは一つもありません。
 更に言えば、美容的な面でも、本当に困ったものです。目も鼻もグシュグシュ、涙目で目は真っ赤、鼻水が垂れてきてどうしようもない…。とても人前に堂々と出られないばかりか、折角、今まで努力してきたアンチエイジング効果も反映されません。

 最近では、花粉をシャットアウトする高性能なマスクやその他の花粉症対策グッズ、アレルギー症状を緩和する内服薬も色々と揃ってはいます。しかし、一日中マスク姿も嫌ですし、折角のデートなんて時に顔をマスクで覆い尽くしてしまっては…。アレルギー症状などを緩和する内服薬の多くは眠たくなり易いなどというマイナス面もあります。

 花粉症状が出てしまったら仕方がありませんが、でも、花粉症に無縁であるのが一番ですよね。

 では、花粉症を未然に防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

今なら間に合う、“花粉症” 対策!! (1) そもそも、花粉症とは『花粉』という人体にとっての『異物(アレルゲン)』に対する反応です。
私たちの体というのは、自分自身にとって害になるものや必要としないものが侵入しようとした時に、それを排除するような働きが備わっています。「排除するべき!!」と認識されたものに関しては、その後も身体に侵入する度に排除機能が起動するように、アレルゲンに反応する「IgE抗体」というものが出来ます。

例えば、スギ花粉に対する抗体が出来た人は、スギ花粉が身体に侵入する度に抗体が反応し、これを排除するための機能が動き始めます。
もう少し詳しくお話すると、スギ花粉は体内に入ると目や鼻の粘膜にある肥満細胞などにある抗体と結合し、肥満細胞から出される化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、粘膜にくっ付いた花粉を排除しようとし、涙や鼻水で洗い流したり、くしゃみで花粉を吹き飛ばす、更には、鼻や気管の通り道を細めて(鼻づまりや喘息様症状)侵入を防御したりと、ありとあらゆる反応を起こしてしまうという訳です。

ですから、根本から花粉症状を引き起こさないためには、まずはアレルゲンなるものを身体に入れないことから始めなくてはなりません。
アレルゲンが入り抗体が出来てしまうのを防ぐことは勿論ですが、もう抗体が出来上がってしまっている人でも、抗体によるアレルギー反応のスイッチを押させないようにすれば、症状は緩和されるからです。

それには、花粉が飛び散る前から、身体の防御機能を高めておく必要があるのです。
花粉症対策は、花粉症のシーズンになってからでは手遅れ。今から、用意しておくことが大切なのです。

次回は、この『花粉(アレルゲン)』に強くなるための方法をお話していこうと思います。

 

今なら間に合う、“花粉症” 対策 (2)

 前回、花粉症になってしまう大きな原因は、外から侵入しようとするアレルゲンに対抗する力が弱っていることがあるとお話を致しました。

 そこで、今回は、外からのアレルゲンに強くなる方法をご紹介していこうと思います。

☆ 腸内環境が花粉症対策の要(かなめ)!! ☆
 「花粉症」と「腸」と何か関係があるの?と思われる方も多いようですが、実は、花粉症対策には「腸内環境」の良し悪しが大きく関係してきます。
 人体に外からアレルゲンやウィルスなどの自分自身に好ましくない異物が侵入しようとするのをブロックする機能を一般的に「免疫」と呼んでいます。
 この免疫力が強ければ、人体に悪さをしようとする異物に対しての抵抗力が高くなり、例えば、花粉が人体に侵入しようとするのも防いでくれるのです。

今なら間に合う、“花粉症” 対策!! (2) 免疫系を担当する器官というと、骨髄や胸腺などを思い浮かべる方が多いようですが、腸管にも免疫系を活性化させる器官が数多く存在しています。
 例えば、栄養を吸収する上で重要な小腸を広げると、約テニスコート1面分の面積に相当します。人間はこの皮膚面積の約200倍ともいわれる巨大な広さの腸管で消化吸収を行うだけではなく、免疫系の活性や生産を行っているのです。
 その割合と言えば、全身の免疫を担当するリンパ球の60〜70%が腸管に存在し、抗体全体の約60%は腸管でつくられていると考えられている程なのです。

 勿論、骨髄や胸腺が活躍してしいないかと言ったらそんなことはありません。しかし、Tリンパ球を作っている胸腺の働きは高校生ぐらいでピークを迎え、その後は、大きさも働きも徐々に低下していくという事実もあります。その縮小速度は、40歳頃には1/4程度にまでなり、80歳頃にはほぼ痕跡程度しか残っていないと言われます。
 これを考えると、人間である限り40歳以降からの胸腺由来の免疫力の低下は否めない訳ですが、この時、代わって活躍してくれるのが「腸管免疫」なのです。

☆ 中年以降の免疫系器官の中心は腸管リンパ組織 ☆

 腸管免疫を活性化させ、免疫細胞の産生も促す為には、腸管が元気であり、そして腸内環境が整っていなくては、どうしようもありません。
 そこで重要なことは、しっかりと腸が機能するように腸管細胞自身の栄養となるものを届けること、そして、腸内環境を整える為に腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてあげることなのです。

 摂取した食物の殆どは小腸に到達するまでに、吸収され易い低分子レベルまで消化分解され、腸管上皮細胞で吸収されて行くので、身体全体の栄養にはなっても、腸管内で役立つには力不足の状態でもあるのです。
 そこで覚えておきたいのが「β‐グルカン」「腸内乳酸菌」「グルタミン」の3つです。他にも、色々とありますが、沢山あっても忘れてしまっては仕方がありませんから、まずは、この3つを花粉症対策のために覚えておくと良いでしょう。
 これらは、腸管免疫の主役となる小腸のパイエル板までしっかり届き、さらに、腸管全体の免疫機能にも腸内環境にも役立つ優れた栄養素なのです。

 次回は、もう少し掘り下げて、この3つの栄養素のお話をしてみようと思います。

 

今なら間に合う、“花粉症” 対策 (3)『β‐グルカン』

 花粉症を撃退するには、まずは「腸内環境」を整えることが重要だとお話をしました。そしてそのためには「β‐グルカン」「乳酸菌」「グルタミン」の3つを覚えておくと良いのでした。
 そこで、今回はこの3つについて、すこし詳しくお話をしようと思います。

*β‐グルカン*
 このサイトを読んで頂いている方であれば、すでに十二分にご存知かもしれませんが、「β‐グルカン」とはブドウ糖(グルコース)がβ−結合という形態で結合をした多糖類(食物繊維)のことを指します。このβ‐グルカンは生物の細胞壁を保護する役目があり、また、生命活動を維持するための重要な成分として、自然界に広く存在しているものです。
 ただ、一言に「β‐グルカン」といっても、結合の仕方の違いによって、「β‐1.3−1.4−」とか「β‐1.3−1.6−」とか、何種類かに区別されており、それぞれに特徴的な働きもあることが分かっています。
 その中で、大麦から抽出される「大麦β‐グルカン」や黒酵母などから得られる「発酵β‐グルカン」に、免疫力を向上させる働きがあることが分かっているのです。

 その代表的な働きを簡単に花粉症などのアレルギー疾患と照らし合わせてみましょう。

(1) 免疫増強作用 
→ *小腸などに存在するパイエル板に作用して、アレルゲンと戦う免疫細胞の活性化に働く。
*鼻腔や気管支などアレルゲンが初めに接する粘膜上での防御機能を果たしている「免疫グロブリンA(IgA)」の産生を高める。

(2) 腸内環境を高める
→水溶性食物繊維であるβ‐グルカンが腸内環境(整腸作用)を整えて腸内免疫を正常化するだけでなく、さらに糖質代謝や脂質代謝の改善作用を併せ持っている。

 この様に、大麦β‐グルカンや発酵β‐グルカンには、花粉症対策には必須の免疫力向上に関係する様々な作用が秘められているのです。

今なら間に合う、“花粉症” 対策!! (3) では、どうすれば、このβ‐グルカンを摂ること出来るのでしょうか?

 言うまでもなく、β−グルカンが多く含まれる食品である大麦やキノコ類などを食べれば良い訳ですが、食事から免疫力に力を発揮するほどの量を摂取するのは、量的にも、カロリー的にも、少々、大変なものです。
 もちろん、食生活の工夫や見直しが一番大切ですが、サプリメントなどの栄養補助食品を上手く活用することで、β−グルカンを食生活の一環に取り入れることはおススメです。

 

今なら間に合う、“花粉症” 対策 (4)『乳酸菌』

乳酸菌と耳にすると多くの方はヨーグルトのような乳製品やお漬物やお味噌のような発酵食品を思い出すようですが、人間の身体でも乳酸菌は力を発揮しています。
そもそも、乳酸菌とは乳糖やブドウ糖を分解して乳酸をつくる細菌の総称。
私たちの腸の中には、いわゆる「細菌」と呼ばれるものが約100種類住み着いていて、その数は約100兆個、重さ約1sにも及ぶと言われています。
そしてこの細菌たちは、腸内細菌の世界というものを人間の腸の中で築き上げ、一つの組織のようになって動いており、それを「腸内菌叢」とか「腸内フローラ」などと呼んでいます。
組織ともなれば、やはり善い菌もいれば悪い菌もいる。そう、この腸内フローラを形成する細菌は「善玉菌」と「悪玉菌」に分かれ、両者がバランスを取りながら、腸内環境を保っているのです。
名前から「悪玉菌だから排除すれば良いだろう」と思われるかもしれませんが、それぞれに担う役割もあり、ここはバランスの問題になります。
約40兆個存在すと言われる善玉菌を保つことが、腸内環境の正常化を維持する秘訣になるのです。

そして、この善玉菌にあたるのが「乳酸菌」や「酵母菌」と呼ばれるものなのです。
残念ながら年齢と共に善玉菌の数は減り、悪玉菌の占める量が多くなると言われています。さらに現代社会では、様々な原因から、若者でも善玉菌が少なくなり腸内フローラのバランスが乱れてしまっている人が増えていると言われます。
この腸内フローラのアンバランスが腸内環境を崩し、結果的に腸内免疫の機能低下につながって花粉症などのアレルギー疾患を招いてしまうという訳です。
では、善玉菌である乳酸菌を増やし維持すにはどうすれば良いのでしょうか?

善玉菌を増やす方法は大きく分けて2通りあります。一つは、口から乳酸菌をたくさん摂取すること。二つ目がもともと腸内に存在する善玉菌を増やしてあげることです。

最初の乳酸菌を摂取する方法には一工夫が必要です。なぜなら、摂取した乳酸菌の殆どは、胃酸や胆汁などの働きで死滅してしまい、生きた状態の乳酸菌で腸の最終地点まで届くのはほんの一握りと考えられているからです。
ですから、乳酸菌がたくさん含まれた食品を摂取したり、胃酸に負けないような乳酸菌を選んで高率良く摂取することが必要なのです。

そして意外と効果的な善玉菌活性方法が、もともと腸内に存在する善玉菌の餌を届けてあげることで、善玉菌を元気づけることです。
善玉菌の餌となりやすいオリゴ糖を活用したり、また、乳酸菌は5大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・無機質・ビタミン)を必要とすると言われますから、バランス良い食事を心がけることも大切な要素になります。

今なら間に合う、“花粉症” 対策!! (3-1) 『乳酸菌』やはり善玉菌を増やすために必要な量を食事から摂るの、少々、大変です。現在は、効率よく腸まで到達できるように工夫された乳酸菌の栄養補助食品やカロリーセーブをしたオリゴ糖など、色々と生活に取り込み易い商品が揃っています。
食生活の改善やストレス過多にならない生活習慣の見直しが大前提ですが、並行して、これらの善玉菌サポートグッズを取り入れながら、花粉症対策に臨むとより効果的かもしれません。

 

今なら間に合う、“花粉症” 対策 (5)『グルタミン』

聞きなれない名前かもしれませんが、グルタミンはアミノ酸の一種です。
アミノ酸は、体内で作ることの出来ない「必須アミノ酸」とある程度は体内で作られる「非必須アミノ酸」に分かれています。グルタミンは従来、非必須アミノ酸に分類されるのですが、代謝性のストレスや異化機能(注)が亢進している状態だと、体内で合成される量では足りなくこともあり、「準必須アミノ酸」とされることもある、実は重要な物質の一つなのです。

(注)異化とは、生体内での物質代謝の中で、複雑な化合物を、より単純な物質に分解する反応のことを言います。簡単に例えると、身体が栄養不足状態になると筋肉を分解してタンパク質や糖分などを作り出し補うような反応です。

今なら間に合う、“花粉症” 対策!! (3-2) 『グルタミン』このグルタミンが、腸の新陳代謝には欠かせないアミノ酸の一つで、傷付いた腸の回復にはもちろんですが、常に機能万全な腸管を維持するのにも必須な物質なのです。
グルタミンが十分に補給されることで、腸管の防御機能、腸細胞の増殖や分化、腸管細胞の感染症などを減少させることも分かっています。

腸内環境を正常に保つには腸自体が元気でなくは始りませんよね。それには「グルタミン」が必要だということなのです。

花粉症対策は、症状が出てからでは大変なものです。今から、『β-グルカン』『乳酸菌』『グルタミン』のキーワードを頭に入れておくと、役立つはずです。

 

簡単・冷え性対策

 冷え性に対する対策は沢山あります。
 熱を作る大きな器官である『筋肉』がなければ熱産生をすることが出来ませんから、日頃から適度な運動を心がけることは大切です。
 食事に気を付けることもポイントの一つです。食べ物には、それぞれ『陽』と『陰』、つまり身体を温める作用が強い食べ物と逆に身体を冷やす作用の方が強い食べ物、その中間にある食べ物があるのです。ですから、冷え症の方は食材の陽と陰のバランスを考えた食生活をすると良いことがあります。
 しかし、身体に筋肉をつけるのも、食生活習慣を改善するのも、ちょっと時間がかかってしまうものですよね。
 それに、運動が大切だと頭では分かっていても、中々、始められない人も多いはずです。
 そこで、今回は、今すぐに冷え性に役立つことをお話しようと思います。

 まずは、血液を冷やさないコツです。
当たり前の話ですが、血液は血管を通って身体中を駆け巡っています。その血管は大動脈のように太いものから細部を流れる毛細血管まで太さも様々ですし、流れる場所も身体の深部から皮膚表面まで色々です。
 血液を冷やさないコツは、血液が沢山流れる皮膚表面に近い血管を冷気にさらさないこと!! 身体の表面で冷えた血液が身体中に流れれば、芯から冷える原因になってしまいます。
 血管は身体全体に張り廻っていますが、外気にさらされ易い太めの血管は首や手足の付け根に多い特徴があります。ですから、寒い日に首筋が冷たい風にさらされたり、スカートで腰や足の付け根が冷え易い服装というのは、血液を冷やし易くなってしまうのです。
 気温が低い日は、マフラーやハイネックの洋服、下着の上に「毛糸のパンツ」といったような腰から太ももまでしっかりカバーするものを上手く取り入れると良いのです。

簡単・冷え性対策! もう一つは、血液の流れを活発にするコツです。
 身体の隅々に流れる血液は、細胞に栄養や酸素を運ぶのと同時に熱も送り届けてくれます。ですから、血液の流れが滞っているのは良くありません。
 血液を流す血管の筋肉はポンプのような働きもしていて、血液を押し出してくれる役目があるので、このポンプ機能を活発すると血流を促すのに役立つことがあるのです。では、どうすれば、このポンプ機能を活発することができるのでしょうか?
 なんと自分自身で血管を広げたり狭めたりして、血管ポンプの刺激することが出来るのです。
 手や足先を「(冷たい)水」「(温かい)お湯」と交互に温度環境を変えてあげると、冷たい時は血管が細くなり温かい時は太くなりなります。つまり、5〜10秒前後ごとに順番に「水」「お湯」「水」「お湯」…と何回か続けると、自分自身でポンプ作業の手助けをしてあげることになり、血流が活発になるのです。

 1枚のマフラーやお風呂上りのちょっとした足浴が、冷え症に功を奏することがあるのです。難しく思われがちな体質改善も、意外に簡単な方法で実行することが出来ます。
 まずは、簡単に直ぐに出来ることから。そして、じっくり時間をかけて冷え性とは縁の無い身体づくりをして行くと良いはずです。

 

「冷える」だけが冷え症ではない

 みなさんに「冷え性」のお話をすると、身体が冷えを感じることが冷え症の症状だと思われている方が意外に多いものです。
 しかし、注意をしなくてはなりません。冷え症は、「冷え」だけではなくて、身体に色々な症状を起こすものだからです。
 たとえば、頭痛・肩こり・腰痛・めまい・疲労感・手足のしびれ・胃腸症状・不眠…。挙げればキリがないほどに、冷え症が引き起こす身体症状は様々なのです。
 しかも、体温を測定してみても低いとは限らないクセモノ的な部分もあります。ですから、自分自身が「冷え性」だと気が付いていない場合があるのです。
 そこで、まずは「自分自身が冷え症ではないか」。そして「冷え性になり易い生活習慣がないか」をチェックしておくことが大切です。
 冷え性の危険を察知して、日常生活のどんなことを注意すれば良いのか分かると、早目の冷え症対策が簡単になります。

≪冷え性の様々な症状≫
□ 疲れやすい
□ 食欲不振
□ 元気がない(気力がでない)
□ 顔色が良くないと言われる(唇の色が悪い)
□ 頭が重いことや頭痛を感じることが多い
□ 胃腸の動きが悪い(食物がのどに詰まったような感じやお腹が張ることが多い)
□ 下痢をよくする
□ 不安症になることが増えた(何かいつも心配な事がある)
□ イライラすることが増えた(最近、ヒステリー気味)
□ 身体にほてりを感じることがある
□ 夜、眠れない
□ 手足が浮腫む
□ カサカサ肌や肌荒れがひどい
□ 爪が割れやすい
□ 夏でも冷房は苦手である
□ 腰回りの冷えを強く感じる
□ 肩こり・腰痛に悩まされている
□ めまいやフラフラ感を感じる
□ 汗をかかない方である
□ 手足などの末端部分が特に冷える

≪冷え性になり易いタイプ≫
□ 運動不足である
□ 喫煙者である
□ 食事に偏りがある
□ 生野菜が大好きである
□ 睡眠を短時間しか取ることができない
□ 夏は殆ど冷房のきいた環境にいる
□ やせ型である
□ 生活リズムは不規則である

「冷える」だけが冷え症ではない!!どれぐらいチェックがついたでしょうか?半分以上に心当たりがある方は、既に冷え性であるか、もしくは冷え性の予備軍である可能性があります。
冷え症は、身体に色々な不定愁訴をもたらすばかりでなく、免疫力をさげたり、太り易い身体になってしまったりと、良いことはありません。
ちょっとでも気になる場合は、今から「冷え性対策」に乗り出して下さい。次回は、簡単にできる冷え性対策の実践方法を御紹介していきたいと思います。

 

やっぱり、気になる『肌』・・・

「幾つになっても、綺麗でいたい‼」と思うのは万国共通なのでしょう。どこへ行っても、相談を受ける上位にランキングされるのは、やはり「肌」のことです。
肌の一番の特徴は、なんと言っても「人目につく」こと。誤魔化しが利かない性質を持っているのが肌なのです。

 この肌を痛めつけたり、老化に追いやる原因は、紫外線や乾燥、化粧品や大気汚染などの外側からの攻撃因子と、栄養欠損、ホルモン・バランスの乱れや加齢などの内側からの因子に大別されます。ですから、本来の肌のケアには、外側から内側から、両方が重要になる訳です。

 ただ、「肌は人目につく」臓器だと言いましたが、別の見方をすれば、常に身体の外側で色々な刺激を受けている臓器とも言えます。外側からの攻撃因子対策が出来ているかどうかは、ダイレクトに肌に現れてきてしまうのです。
そんな外部からのダメージ3大因子と言えば・・・

★やっぱり、気になる『肌』・・・1、紫外線による光老化
2、肌細胞の酸化
3、肌の乾燥

 如何でしょうか。分かってもいても、意外といい加減なケアをなさっている方も多いのではないでしょうか。

まずは外からの肌ケアをバッチリ頭に入れることが、今後の肌年齢を大きく左右するのは言うまでもありません。

 

アンチエイジング、って何なの??

最近、よく耳にも目にもする『アンチエイジング』。私も、アンチエイジングをテーマに講演を頼まれたりしますが、「アンチエイジングって、何なの?」と改めて聞かれると、少々、回答に困るのが本音です。

辞書でアンチエイジングを引くと、⇒加齢に伴う症状の予防と治癒。老化防止。などと書いてありましたが、皆さんの中では「若返り」のためにすることとして行き渡っているような気も致します。

私自身は、十人十色のアンチエイジングが存在して良いと思っています。人生は、自分のためにあるものですから、自分が一番、満足して納得する毎日を送れるようにするための手助けが、アンチエイジング!!と言う訳です。
外見重視の方もいれば、中身重視の方もいらっしゃるし、早くリタイアしてのんびり派もいれば、バリバリに働いていたい方もいる。趣味だって、嗜好だって、人それぞれですよね。
でも、気持ちはやりたくても、実際には身体の外も内もついて行かない・・・、と言うのでは悲しい限りでしょう。

★アンチエイジング、って何なの??★アンチエイジングの歴史は、日本ではまだまだ日が浅いと言うこともあり、各分野で色々な人が色々なことを提唱しているのが現状です。が、逆に、これを利用しない手は有りません。

自分に必要な情報を集めて、上手く利用する。これで、テーラーメード・アンチエイジング、自分だけのアンチエイジング・プログラムが完成する訳です。

情報が多いと言うことは、間違った情報もそれなりに流れているということですから、見極める力は必要ですが・・・。

ここでは、身近で役立つアンチエイジング情報を御紹介していく予定でいます。自分にピッタリの情報を活用して、とっておきの自分を演出できる手助けになればと思っています。

 

前のページへ戻る