トップページ > 専門ドクターのアンチエイジングアドバイス > 対馬 ルリ子 先生 「40代からの女性の美と健康を守るために」
大麦 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - 専門ドクターのアンチエイジングアドバイス

ドクターアドバイス編

ドクターのアンチエイジングアドバイス

対馬 ルリ子 先生のプロフィール

周産期学、ウィミンズヘルスが専門。

1984年弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室入局、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックを開院。

2003年には、女性の心と体、社会とのかかわりを総合的に捉え、健康維持を助ける医療(女性外来)をすすめる会「女性医療ネットワーク」を設立、全国600名の女性外来医師・女性医療者と連携して活動している。

女性の生涯にわたる健康のために、さまざまな情報提供、啓発活動を行なう。

著書に「キレイな〔からだ・心・肌〕女性ホルモン塾」(小学館、共著)、「女性外来が変える日本の医療」(築地書館)、「プレ更年期からはじめよう」(かもがわ出版)、「『女性検診』がよくわかる本」(小学館)、「症状でわかる女性の医学BOOK」(主婦と生活社)ほか。

ドクターのアンチエイジングアドバイス

40代からの女性の美と健康を守るために

  • △ あなたは女性ホルモンの低下を感じていますか?
  • 女性は、40代になると月経の量が減り、月経周期が短くなることがあります。
  • あるいは、月経は順調なのに、疲れやすい、だるい、やる気がおきない、髪の毛や爪のつやがなくなるなどを感じることがあります。これをプレ更年期と呼びます。
  • △ それでは、本当の更年期はいつからなのでしょうか?
  • それでは、本当の更年期はいつからなのでしょうか?
  • 更年期は閉経の前後10年間を指します。閉経の平均年齢は51歳ごろですから、46歳から56歳ごろまでが、本当の更年期です。
  • 「わたしはのぼせや発汗などの症状は、まったくありません」。では、あなたに更年期はないのでしょうか? いえ、だれにでも更年期はあるのです。
  • 女性ホルモンのエストロゲンが低下してくると、女性は、疲れやすい、イライラしやすい、冷えやむくみ、便秘などの「代謝や血行が悪い」状態が出てきます。
  • 症状がなくても、肥満や高血圧、糖尿病などのメタボリックシンドロームが進行してきます。
  • なぜなら、女性ホルモンは、女性を老化や病気から守るホルモンだから。症状がない人でも、検査の異常や機能の低下、病気の出現がみられるようになるのです。
  • △ それでは、どうしたらいいか。
  • それでは、どうしたらいいか。40歳前から、女性ホルモンの働きを大事にしてあげましょう。卵巣(卵)を大事にしましょう。
  • まずは、たばこを吸わないこと。また、ストレスをためない、骨盤まわりを保温する、バランスのよい食生活や運動の習慣を身につけることが大切です。
  • バランスをくずしてしまった女性ホルモンを補い、再活性化するために、低用量ピルや女性ホルモンのお薬を使うことも、ひとつの選択肢です。
  • また、日本女性の体質に合った漢方を使ってトータルに体質改善してゆく方法もあります。
  • しかし、現代の女性の生活を見ると、喫煙者も増え、ストレスも大きく、冷房で冷えたり、バランスのよい食事もなかなかできなくなっています。
  • 特に、食物繊維は、近年、女性では特に穀類の摂取不足とともに摂取量が著しく減っており、最近では一日摂取のめやす、20〜25gの半分程度しかとれていない人が多いようです。
  • 食物繊維には、便秘を解消しおなかをスッキリさせる効果のほか、血圧や血糖の上昇を防いだり、腸内でコレステロールを吸着し下げてくれる作用があります。
  • ほかに、排便を良好にすることで大腸がんを防ぎ、有害物質を除去し、胆石を予防する効果も。
  • もちろん、お肌をツルツルに、肌荒れや吹き出物もきれいにしてくれます。
  • GI(グリセリンインデックス、食べたあとの血糖の上がり方を示す指標で、低いほどよい)の低い大麦からとったβ―グルカンのサプリメントも、発売されています。ふだんの食生活にプラスしじょうずに取り入れて、いつまでも若く美しいあなたでいてくださいね。

前のページへ戻る