トップページ > 専門ドクターのアンチエイジングアドバイス > 松峯 寿美 先生 「日焼けと老化」
大麦 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - 専門ドクターのアンチエイジングアドバイス

ドクターアドバイス編

ドクターのアンチエイジングアドバイス

松峯 寿美 先生のプロフィール

東峯婦人クリニック院長

出身地  :東京都
学 歴  :東京女子医科大学大学院卒業 医学博士
専 門  :産婦人科
趣 味  :ガーデニング・日舞(藤間流)
略 歴  :
1970年 東京女子医科大学院卒業。
医学博士(婦人科)とくに不妊治療、思春期・更年期医療に力を注ぐ。
1980年 東峯婦人クリニック(東京・木場)院長に就任。女性専門外来の先駆けとなる。
1985年 著書「女性の医学Book」(永岡書店)をきっかけに、あるある大辞典などマスコミに登場する機会が増える。その後全国の体の不調で悩む女性への講演なども多い。

テレビ出演:
日本テレビ系列  スッキリ!!
フジテレビ系列  発掘!あるある大辞典
テレビ東京系列  レディス4
SKYPerfecTV!   ベネッセチャンネル「赤ちゃん日記」

著 書  :女性の医学Book (永岡書店)
出版物  :秋野暢子のスマイルパワーダイエット(対談) (ニューズ出版)
出演CF :シースルームーニー

ドクターのアンチエイジングアドバイス

日焼けと老化

  • △ 生まれたての赤ちゃんの肌
  • 生まれたての赤ちゃんは少し透き通った薄紫の皮膚をしています。280日間、羊水に使って紫外線にもあたらなかったので全身の皮膚は抜けるように白く、皮下の動脈や静脈が透き通って見えるのです。
  • 胎内では血液は動脈血と静脈血が混じり合って薄紫色なので、生まれた瞬間の赤ちゃんは赤い色でなく薄紫色なのです。
  • この世に生まれて初めて息をしながら大きい声で泣くことを第一啼泣といい、この瞬間に肺呼吸が始まり動脈には酸素の多い動脈血が、静脈には酸素濃度が低い静脈血が流れ始めるのです。
  • 上手に肺呼吸が出来た赤ちゃんは酸素がいっぱい入った血液のため、その名の通り濃いピンクまたは赤い色で赤ちゃんと呼ばれるのですね。
  • 全身を被っているみずみずしい皮膚はほくろもしみもないのでしょうか。
  • よく見るとだれにでも蒙古斑といって青いあざが見られます。一つだけのこともあればたくさんあることもあります。
  • おしり、背中によく見られますが四肢、顔、腹や胸に見つかることもあります。形は様々で境界がやや不明瞭なものが多いようです。
  • 生後2歳頃までは青みが濃くなったように見えますが、その後は徐々に薄くなり、10歳頃までには消えます。
  • 大人の女性で蒙古斑が見られる人はあまり見かけませんね。ですから自然の経過を見て、特に治療は要らないのです。
  • △ ほくろやしみはいつから出てくるのか
  • では、ほくろやしみはいつから出てくるのでしょうか。
  • ほくろは全身の神経系統の発育に平行して現われるといわれています。もちろん生まれたてでもほくろが見られますが、大体は4、5ヶ月してここにあそこにと気づくことが増えてきます。一種の老化現象ともいわれるゆえんです。
  • 皮膚には2種類の老化があるといわれています。ひとつは加齢による老化です。年を重ねる毎に、全身の細胞が老化していくのと同時に、皮膚も老化をしていきます。
  • もうひとつは光老化と呼ばれる老化です。これは紫外線を浴びた量に応じて皮膚に生じてくる変化をいいます。具体的には、シミ、ソバカス、深いシワなどです。
  • 加齢による老化は防ぐことが出来ないけど光老化は努力すれば防げるのです。日焼けをしなければ良いのですから。
  • 生まれた瞬間から浴びた紫外線の総量が光老化に関係するならば、幼少期から紫外線を避ける習慣を身につけることが重要になります。
  • たとえば、オーストラリアでは親が子供に日焼け止めクリームを塗ることが、法律で義務づけられているそうです。
  • △ 日焼けには2種類ある
  • 日焼けとひとくちでいっても2種類あることを知っていますか。
  • 強烈な紫外線でやけどしたものを日焼けと言いますね。皮膚が赤くなってひどいと火ぶくれが出来ます。冷やして安静を保てば赤みは退いて元の皮膚の色に戻ります。これをサンバーンといいます。
  • もうひとつの日焼けは日に焼けて小麦色に黒くなることです。これをサンタンといいます。皮膚組織の中でメラニンという色素が皮膚沈着を起こしています。
  • 若い頃はこれも時間が経つと皮膚が新陳代謝して元の皮膚の色に戻ります。しかし、25歳を過ぎてから強い日焼けをすると、時間がたっても日焼け後の色素沈着がとれず、シミになって残る確率が高くなります。加齢により皮膚の新陳代謝が悪くなってくるからです。
  • 実際には25歳からとはいわず小さい頃からなるべく日焼けをしないように生活することが皮膚の光老化を防ぎ、年をとってからもシミやシワの少ない若々しい肌を保つ秘訣といえます。
  • なんども新陳代謝という言葉がでてきましたが、血液の循環を良くして老廃物をいちはやく排泄することが新陳代謝を良くする第一条件です。
  • βグルカンは飲用することにより腸内から新陳代謝を活発にする効果があるのです。

前のページへ戻る