トップページ > メールマガジンのお申し込み > メールマガジンバックナンバー <創刊号>「美的生活☆うるおいマガジン」
大麦 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - メールマガジンバックナンバー

<創刊号>「美的生活☆うるおいマガジン」

              うるおいのある華やかな生活のご提案
    美容健康情報をお届けするβグルカン総合研究所メールマガジン

   ☆  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   ★ 
   \┏━┫    美的生活☆うるおいマガジン    ┣━┓/  
 ★ ─┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃─ ☆
    ┗━━┛                   ┗━━┛


      <<<<< 創刊記念号 Vol.0 2008年11月17日 >>>>>>>


 ☆このメールは「βグルカン総合研究所」または、「うるおい生華βサ
 イエンス」をご利用いただいた方に送信しております。


 初めまして。メルマガ編集長の“ぐるぐるポン太”です。
 ぐるぐるポン太は食べるの大〜好き。
 凝り性で、食べたいものは毎日でも毎食でも食べ続けます。


 最近のはまりものが“カレー”。
 上品にスパイスが利いていて、ちょっと辛いカレーが恋しい季節になりま
 したね。


 しかし「カレー」といっても、いわゆる日本の“家系カレー”“スープカ
 リー” “インドカレー”“タイカレー”・・・とジャンルはさまざま。
 最初、どこがどう違うのかわからなくて、カレー屋さんを転々と食べ歩き
 していたのですが、ようやくその実態をつかんだ気がします。


 あらゆるカレー店を食べ歩いてみつけたお気に入りのカレーとは・・・
  →ぐるぐるポン太のカレー探求の結果はまた後ほど〜!!


 さて、「美的生活☆うるおいマガジン」では、読んでて良かったぁ☆
 と思える情報を、全力でお伝えしていきますので、末永いお付き合いを
 どうぞよろしくお願い致します。


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★=☆ 美的生活☆うるおいマガジンvol.1 もくじ ☆=★    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 1 麗子先生の健康美容コラム「テーマ:腸と美肌の密接な関係」

 2 編集後記(次号予告)


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     麗子先生の健康美容コラム                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

・「美容と健康」これは、充実した明るい人生を送るのにとても重要なこと
 ですね。このコラムでは、私、黒酵母麗子が、皆さんの美容と健康に役立つ
 と思われる情報を毎回1つずつピックアップして、分かりやすい言葉でお送
 りしていきます。


・黒酵母麗子のプロフィールについては、黒酵母βグルカン研究室のHPを
 ご覧ください。⇒ http://www.black-yeast.info/


・それでは第1回の今月のタイトルは、

----------------------------------------------------------------------
           「腸と美肌の密接な関係」 
----------------------------------------------------------------------

・皆さんは、最近、友人や家族との楽しい旅行写真やスナップ写真をみて、
  自分が思っている以上に、老けたなって感じたことはありませんか?


・歳だとは諦めながらも、あまりのギャップに、ギョッとして目をそらした
  くなった経験はありませんか?


・カメラのせいにして、そんな写真、早いとこ押入れに仕舞いこみたくなっ
  てしまいますね。これでは、折角の楽しい思い出も台無しです。また、ク
  ラス会や同窓会などに出席すると、いつまでも若々しい人もいれば、以前
  の面影がまったくなく、生活感の漂う人もいますよね。


・女性にとって若さと美を維持することは永遠のテーマだと思います。私は
  職業柄、いろいろな講習会で多くの方に出会いますが、皆さん、口をそろ
  えて、「いつまでも若くきれいでいるためには・・」「**入りの**化
  粧品って効果あるの・・」などの質問をよく受けます。


・私も20代のころは、化粧品やメイク、洋服、装飾品で外見のことばかり
  にこだわっていました。ところが、30代になって、素肌や体形を整えな
  いと歳はごまかせない、ということに気付きました。30代にもなってく
  ると、人によっては実年齢と見かけ年齢の差が大きく開いてしまいます。


・では、なぜ、このような差が起きるのでしょう。そもそも、この年齢差と
  はどこからくるのでしょうか?


・ふつう、若い人の肌はみずみずしくて、ハリ、弾力があります。でも、年
  齢を重ねるたびに肌がたるみ、全体的に下がった感じになってきます。さ
  らに、場合によってはくすみも加わって、老けた暗い印象を与えてしまう
  のです。
  白めのファンデーションを塗ったり、濃い目の口紅をつけても、若く見え
  るというよりは、変に若づくりになってかえって老けて見えたりします。


・最近では、乾燥や小じわ、シミに悩む若い女性も急増しています。その原
  因として紫外線や有害物質の影響があげられますが、実は肌をつくる栄養
  素の主成分である「たんぱく質」の不足によっても、肌の老化の速度が速
  まっていると言われています。皮膚の細胞そのものも「たんぱく質」です
  し、肌の土台をつくっているコラーゲンは、この「たんぱく質」と「ビタ
  ミンC」で合成されています。


・他にもビタミンEやB群など、肌をつくるためには多くの栄養素がかかわ
  っていますが、肌をつくる材料が足りなければ、新しい皮膚が作られなく
  なり、シワやたるみが現れてきます。バランスの良い栄養摂取は若く美し
  い肌をつくる基本となります。


・では、それだけをしっかりやっていればいいのでしょうか?


・いえいえ、もっと重要なことがあります。それは、「腸の状態を整えるこ
 と」です。せっかく摂った食事やサプリメントの栄養素がどれだけ多く吸
 収されるのかは、あなたの腸の状態で大きく変ってしまうのです。


・腸から吸収された栄養素は、まず、生命をつかさどる内臓の各部分に送ら
 れ、その後、肌、髪、爪にまわります。栄養素が十分に行き渡らないと、
 肌が荒れる、髪にツヤがなくなる、爪が薄くなる、二枚爪になる、と言っ
 た症状が現れます。


・つまりこれらの症状は、腸の状態を表すシグナルになっているのです。だ
 から、皮膚は健康を表す鏡と言えます。見かけ年齢、言わば肌年齢は腸の
 健康状態と密接に関係しているわけです。


・もし、あなたが今まで申し上げたようなことで実際悩んでいらっしゃる、
 もしくは更なる若返りと美肌を手に入れたいとお考えであれば、ここから
 の内容が参考になるかもしれません。


・「美肌の源は腸にあり」ます。そのためには、腸の栄養吸収率を高め、全
 身に行きわたらせる事が大事です。


・腸の調子を整えるためには、食事面では繊維質の多い野菜、水に溶ける水
 溶性の食物繊維が含まれる海藻、果物をバランスよく摂ること、水をたっ
 ぷり飲むことです。


・さらにおすすめの食材があります。それは、大麦とキノコ類です。これら
 には、機能性の高い食物繊維の一種であるβグルカンが含まれています。
 βグルカンは、いわゆるヌルヌル、ネバネバのような成分です。


・βグルカンは食物繊維として便量を増やしたり、腸内の善玉菌を増やす働
 きがあります。さらに、あまり知られていないことですが、腸内にはβグ
 ルカンをキャッチする受容体(細胞膜にある鍵穴のようなもの)があり、
 結合すると白血球を直接刺激して、免疫力(病気から体を守る力)を強め
 る働きがあります。この働きは他の食物繊維には存在しない、すごいもの
 です。


・肌には、菌やウイルスが体内に侵入してこないよう、外敵をブロックする
 ための免疫機能が備わっているのですが、現代人はストレスや疲労、睡眠
 不足、食事のアンバランスによって、免疫力が低下しているといわれてい
 ます。


・またβグルカンは、大麦やキノコ以外にも存在しています。例えば、私、
 黒酵母麗子が研究している黒酵母βグルカンは、果物の皮やサトウキビに
 付着し、自然界に広く存在している黒酵母という安全な菌が生み出したβ
 グルカンです。


・量が少ないので、私達が利用するためには最新の設備で黒酵母菌に栄養を
 与えβグルカンをたくさん作らせなければなりません。
 詳しくは下記URLをクリックしてください。
 
  ⇒ http://www.black-yeast.info/report_01.html


・このように、βグルカンにはすごい力があるのですが、残念ながら、食事
 だけでβグルカンを必要量とるのは非常に難しいでしょう。そのため、サ
 プリメントで補給することをお勧めしています。


・今回はこの「美的生活☆うるおいマガジン」読者の皆さんに、黒酵母βグ
 ルカンをお試しいただける創刊号特別プレゼントがあります。
 最後までしっかり読んでゲットして下さいね。


・今月の麗子の一言

   真の美しさは腸から始まる。
  ==============================


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記

 カレーは漢方薬のかたまり。
 インドの家庭では、家族の体調を見ながら、お母さんがスパイスの量や種
 類を増減するそうです。
 まさに医食同源ですね。


 さて、ぐるぐるポン太のお気に入りのカレー探しは、思いがけない結論に
 達しました。
 それは、“日本で食べられるカレーは、基本的に日本人向けカレーだ”と
 いうことです。
 「当たり前だよそんなこと!」と言われそうですが、インドで売られている
 カレーをお土産として戴いたときには、ある意味衝撃だったのですヨ。


 「うぇ〜・・これって薬くさくない?」
 ・・・こういうの、正直ありました。


 それでもたくさんカレー屋さん巡りをして、美味しいお店を発見したこと
 も事実。
 南インド地方のさらさらで辛いカレー、スリランカのカレーリーフという
 葉っぱを使ったカレーは、すごくヘルシーで身体が喜びそうだし、だしが
 効いたスープと、スパイスがほどよく香る札幌発・スープカリーもお気に
 入りです。


 カレー(=「香辛料を使ったお料理」のことだそうです。)って、かなり
 奥深いんですよね。
 もう何年かしたら、自分でスパイスを調合して作ってそう(笑)。
 美味しくて大好物で健康にもいいのなら、この上ない幸せです。 


 さて、来月号は、皮膚・内科医であり、栄養学とアンチエイジング分野で
 ご活躍されている、マブチメディカルクリニック院長 馬渕知子先生のコ
 ーナーが誕生します。
 お楽しみに〜!


 ご意見、ご感想などもお寄せください。

  あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 ◎発 行 日       :月1回(第三月曜日)
 ◎発 行 元       :株式会社ADEKA 新規事業推進室
 ◎発 行 人       :βグルカン総合研究所編集室
 ◎βグルカン総合研究所HP
           → http://www.black-yeast.info/
           → http://www.mugi-lab.info/
 
 ◎お問い合わせ :   http://www.mugi-lab.info/inquiry/form.html

 Copyright(C) βグルカン総合研究所編集室 All Rights Reserved
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●