トップページ > メールマガジンのお申し込み > メールマガジンバックナンバー <第6号> 「美的生活☆うるおいマガジン」
大麦 βグルカン(ベータグルカン)研究室 - βグルカン(ベータグルカン)総合研究所 - メールマガジンバックナンバー

<第6号>「美的生活☆うるおいマガジン」

              うるおいのある華やかな生活のご提案
    美容健康情報をお届けするβグルカン総合研究所メールマガジン

   ☆  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   ★ 
   \┏━┫    美的生活☆うるおいマガジン    ┣━┓/  
 ★ ─┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃─ ☆
    ┗━━┛                   ┗━━┛ 

        <<<<< 第6号 2009年4月20日 >>>>>>>

 こんにちは。メルマガ編集長のぐるぐるポン太です。

 慢性的な肩コリに悩まされ、ありとあらゆる手段を試してきた私ですが、
 この度ついに鍼(ハリ)治療に行ってきました。
 これまで鍼治療に行かなかったのは、針が怖いからではありません!!(笑)

 「マルチ金属アレルギー」とでもいうのでしょうか、金属アレルギーのパッ
 チテストに使われる金属約20種類のうち、ほとんど全てがNGという体質なのです。
 語り出すとキリがないんですが、この体質のお陰様でこれまでどれだけ紆余
 曲折な人生を送ってきたことか。

 という訳で鍼治療も敬遠していたのですが、いろんな方から「肩コリには
 鍼が一番!!」と聞き、意を決して初挑戦。
 鍼を打つのは背中だけかと思いきや、全身のあちらこちら鍼だらけ。
 写真におさめておきたかったほどです!!
 
 金属アレルギーと鍼治療について聞いてみたところ、これまで金属アレルギー
 の問題が起きたことはないのだとか。
 ところがところが・・・・。

 この続きは、のちほどまた!

 さて、「美的生活☆うるおいマガジン」では、読んでて良かったぁ☆と思える
 情報を、全力でお伝えしていきますので、末永いお付き合いをどうぞよろしく
 お願い致します。

 ご意見、ご感想もお寄せください。
 あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp
 
 今回も最後までおつきあいよろしくお願いいたします。


 さて、「美的生活☆うるおいマガジン」では、読んでて良かったぁ☆と思える
 情報を、全力でお伝えしていきますので、末永いお付き合いをどうぞよろしく
 お願い致します。

 ご意見、ご感想もお寄せください。
 あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp
 
 今回も最後までおつきあいよろしくお願いいたします。


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ★=☆ 美的生活☆うるおいマガジン(第6号) もくじ ☆=★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○

 1 麗子先生の健康美容コラム「疲労について」

  2 「ドクター馬渕知子のアンチエイジングアドバイス」のご紹介

 3 編集後記(次号予告)

●○●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          麗子先生の健康美容コラム 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●○●

・黒酵母麗子のプロフィールについては、黒酵母βグルカン研究室のHPをご
 覧ください。⇒ http://www.black-yeast.info/

・第6回、今月のタイトルは、

----------------------------------------------------------------------
 「疲労について」
----------------------------------------------------------------------

・4月は、多くの人が進学したり新しい職場に就いたり、転勤に伴う引越しな
 ど生活環境が大きく変化する時期です。そんな生活の変化が原因で、体調の
 不調を訴えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


・あなたは、1.体がだるい、2.眠気がする、3.めまいがする、4.肩こ
 りがある、5.頭痛がする、などの症状はありませんか? もし、いくつか
 の症状があてはまれば、それは「疲労」と考えられます。


・「疲労」は「痛み」「発熱」と同様に体の異常を知らせる三大アラームの一
 つです。軽いうちは休息や睡眠で治るのですが、症状が何ヶ月か続く場合
 は、慢性疲労が考えられます。


・今月は、「疲労について」のお話しです。


 ○ストレスと疲労
─────────────────────────────────


・近年、過剰な運動による筋肉疲労、痛み、刺激などの肉体的ストレス、暑
 さ、寒さなどの環境ストレス、感染や腫瘍などの免疫学的ストレス、そして
 不安や恐怖などの精神性ストレスは「疲労」と強い関連があることが分
 かってきました。


・疲労は軽いうちに取り除くことが大切です。疲れを感じたら、あまり無理を
 せず、効果的な疲労回復の対策をとりましょう。


 ○効果的な疲労回復の対策
─────────────────────────────────

・≪対策その1≫・・・「睡眠」

 疲労回復に最も効果的なのが睡眠です。私たちの体は睡眠中に成長ホルモン
 を出し新陳代謝を促し、傷んだり疲れた組織を修復しています。その修復が
 早く終われば、目覚めもスッキリするわけなのですが・・・。


・ある企業の調査によると、「一日のうち、いつ疲れを感じますか?」との質
 問に対して、62%の人が「朝起きた時」と答えています。


・これは、新陳代謝に必要な栄養素の不足や、夜遅い飲食により、消化活動で
 内臓が休息できないまま、朝を迎えることで疲れが残った状態になっていま
 す。少なくとも、飲食は、寝る3時間前には済ませておきましょう。


・また、このような乱れた生活リズムの連続が慢性疲労の原因の一つとも言わ
 れています。規則正しい生活リズムを身につけ、睡眠の質を高めることが、
 疲労回復と慢性疲労の予防には重要です。


・≪対策その2≫・・・「お風呂」

 ぬるめのお風呂に入浴剤や好きな香りのアロマオイルを入れるなどリラック
 スできる環境をつくり、心も体もゆるめることが大切です。


・≪対策その3≫・・・「お茶」

 お茶を飲んで、ホッと一息つくのも効果があります。これは、単に気分的な
 効果だけではなく、脳波からも効果を確認できます。緑茶にふくまれるテア
 ニンはアミノ酸の一種でお茶の旨み、甘み成分です。興奮を静め、緊張をや
 わらげ、リラックス効果があります。


・臨床試験においてはテアニン摂取後、30〜40分後に脳波がα波になって
 いるのが確認されています。


・玉露や抹茶には含有量が多く、50〜60℃の低温で入れるとテアニンが溶
 けだします。新茶にも多く含まれているので、これからの季節に最適です。


 ○精神的ストレスと免疫の関係
─────────────────────────────────

・また、ストレスと免疫も関連があります。その例を次に示します。
 二匹のネズミを別々のケージに入れ、同時に電気ショックを与えます。


・一匹は自分でスイッチをオフにすることができ、電気ショックを回避できる
 ケージに入れます。もう一匹は、先のネズミがスイッチをオフにしないと、
 回避できないケージに入っています。


・物理的には全く等量のショックが加わったにもかかわらず、自らスイッチを
 オフにできる方のネズミは、免疫細胞の一つであるナチュラルキラー
 (NK)細胞の活性は変化しませんが、自らオフにできないネズミのNK細
 胞の活性は低下してしまいます。


・つまり、回避不能なストレスが続くと免疫力が低下してしまう、ということ
 をこの実験は示しています。


・ストレスの原因が自分でコントロールできる内容であれば、不安やストレス
 に前向きに対処した方がNK細胞の活性化も高まり健康にも良いといえるの
 です。


・ストレスの影響を最小限に抑え、心身共に健康に生活する秘訣は、やはり免
 疫力を上げることです。そのための方法として、βグルカンのサプリメント
 がおすすめです。


・βグルカンには、ストレスと闘うナチュラルキラー細胞を活性化する働きが
 あります。緑茶とともにβグルカンサプリメントを摂取すればリラックス効
 果と免疫力アップの両方が期待できます。


・ただ、強い疲労が長く続く場合は、なんらかの病気のシグナルだったり、慢
 性疲労症候群も考えられますので、専門外来を訪ねてみることをお勧めしま
 す。


・今回のコラムを参考にして、もう一度、食習慣、生活習慣また、マイナス思
 考習慣(考え方の癖や思い込み)の見直しをしてみてはいかがでしょうか。


・今月の麗子の一言:

 その日の疲れは、その日のうちに!
 ======================================


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      今月の「ドクター馬渕知子のアンチエイジングアドバイス」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●

 「βグルカン総合研究所」ウェブサイト内にある、「ドクター馬渕知子のア
  ンチエイジングアドバイス」コーナーでは、身近で役立つアンチエイジング
  情報を馬渕先生に教えてもらいます。

 今回は、サンスクリーン(日焼け止め)を選ぶ基準となる『SPF』と
 『PA』についての解説していただきました。サンスクリーンは、その効果
 が強ければ強い方ほど良いわけではないのだそうです。
 上手なサンスクリーンの選び方、使い方を知りたい方は必見です。

 馬渕先生のアンチエイジングアドバイスはこちらから
  http://www.mugi-lab.info/advice/advice.cgi

 【馬渕知子先生のプロフィール】
 マブチメディカルクリニック院長。
 専門は内科・皮膚科、分子整合栄養学。
 東京医科大学卒業後、同大学付属病院にて勤務。

 医療分野に栄養学を取り入れ、西洋医学や東洋医学を超えた多方面から治療
 を行っている。

 また、皮膚科医として皮膚疾患のみならず「美しさ」「アンチエイジング」
 を考慮した化粧品や健康食品等の研究を手がける。


○●○★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記


 人生初体験の鍼治療は1回の治療でもかなり楽になりました。
 何度か続けるうちに、もっと改善していくはずということで、次回を楽しみ
 にしていたのですが、ちょうど5日ぐらい経った頃のことです。

 手のひらにポツポツと怪しい発疹が出てきちゃったんです!!びっっくり。
 金属アレルギーを疑って、発疹の原因を追及していた頃と同じ症状でした。
 鍼のせいではないかもしれないけど、鍼の可能性もあるということで断念せ
 ざるを得ない状況に・・・。

 「ステンレス」は鉄、クロム、ニッケルの合金です。どれもダメな私は、ス
 テンレスもダメ人間なのかもしれない。人間の身体って本当に本当に敏感だ
 なと感じました。

 周りの人から「恐ろしいほど身体が丈夫で何故なんだ」と笑われている私で
 すが、ちょっとはデリケートなんですよ、って事を証明できたかもしれませ
 ん(笑)

  さて来月は、母の日にちなんで「きれいなお母さんであり続けるために」と
  いうテーマでお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

 ご意見、ご感想などもお寄せください。
 あて先はこちら⇒ beta-science@adeka.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●○
 ◎発 行 日       :月1回(第三月曜日)
 ◎発 行 元       :株式会社ADEKA 新規事業推進室
 ◎発 行 人       :βグルカン総合研究所編集室
 ◎βグルカン総合研究所HP
           → http://www.black-yeast.info/
           → http://www.mugi-lab.info/
 ◎お問い合わせ :   http://www.mugi-lab.info/inquiry/form.html

 Copyright(C) βグルカン総合研究所編集室 All Rights Reserved 
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★○●